ホーム > 当院のリハビリについて

当院の運動器リハビリテーションについて

当院は運動器リハビリテーション(Ⅱ)の施設基準を取得しております。 

運動器リハビリとは

運動器(骨・筋肉・靭帯など)のケガや病気に対して、低下した運動能力を早期に回復させて、生活の質を向上させる総合的な治療法です。当院では医師の指示にもとづき、理学療法士が個々の患者様に合わせた治療を実施しております。

 

主な対象疾患

骨折・靱帯損傷 変形性関節症 肩関節周囲炎 五十肩 拘縮肩 腰痛症 椎間板ヘルニア 脊柱管狭窄症 靭帯断裂術後 スポーツ障害 他病院での術後のリハビリなど

また、立ち座りがしんどい、よく転ぶなど日常の動作でお困りの方も ご相談ください。

 

運動器リハビリを受けていただくには

 運動器リハビリは予約制になります。 

 ご来院いただき、診察時もしくはリハビリ責任者・沖田へ運動器リハビリを受けたい旨をお伝えください。問診にて運動器リハビリの適応があるか判断させていただきます。その上で診察を受けてもらい、予約をとらせてもらいます。(その日の予約に空きがあればそのまま治療をさせていただける場合もあります。)

 

理学療法士

 沖田  啓介三浦 尚也山本 麻弥香上山 知子

その他、非常勤の理学療法士が5名在籍しています。

 

理学療法士(りがくりょうほうし)とは

疾病や外傷のために不自由になった患者さまの基本的運動機能(腕や足を曲げたり伸ばしたり、立ったり座ったり、歩いたり、走ったりなど様々な動作機能)を回復させ、速やかに社会生活を取り戻せるようにする専門職のことをいいます。

  具体的には、手足の関節の動きを良くして痛みを和らげたり、筋力を回復させて立ち上がりや歩行を行いやすくする『運動療法』や、日常の動作が円滑に行えるよう、その動作を練習する『日常生活動作訓練』などに加え、杖の使用に関する助言などがあります。

  骨折・外傷や、骨・関節疾患から中枢神経疾患・内科的疾患などさまざまな患者さまがおられます。そのため、一人ひとり細かく評価をし、個々の患者さまに応じたリハビリプログラムを作成し、実施しています。

 

治療風景

関節可動域練習

例  下肢のストレッチ

DSC00499.JPG 固くなった筋肉や靭帯、関節を調べ、リラクゼーション、関節モビライゼーション(AKAなど)、筋・靭帯のダイレクトストレッチ、IDストレッチ、筋トリガーポイントテクニックなどの治療手技を用いて柔らかくしていきます。また、柔らかすぎて不安定な関節があれば、筋力トレーニングや動作練習、動作指導、テーピング療法などを行い、 不安定な関節に過度なストレスがかからないように修正していきます。

 

 

筋力、筋協調性トレーニング

例 腹部の筋を活性化させる運動

DSC00501.JPG 弱くなってる筋肉を調べた上で、重錘やセラバンド、徒手での誘導運動や抵抗運動を行い、適切な筋力トレーニングを行っていきます。

また、筋肉がバランスよく使えなくなっている部分を調べ、神経筋促通法(PNF)などの治療手技を用いて筋協調性トレーニングを行い、一部分の筋肉だけに負担がかかっている状態を改善していきます。

 

 

動作練習

例 体幹の姿勢を修正しながらつま先立ちをする練習

DSC00505.JPG関節の硬さ、筋力低下、これまでの生活による癖などにより、立つ、座る、歩くなどの基本的動作や、手・肩の運動などが適切に行えていない場合、補助具(杖や平行棒、バランスボールなど)を用いた練習や介助しながらの部分練習を行い、動作が適切に行えるように改善していきます。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

リハビリ専用電話 070-5026-2494 (担当:沖田まで)