ホーム > 腰・背中の症状(痛み・しびれ・違和感などがある方)

腰・背中の症状

以下のような症状・病気にお悩みの方はご相談ください。

症状

koshi.jpg

  腰痛など慢性的な痛み、ぎっくり腰など急激な痛み、筋肉の張り、下肢や足の痛み・しびれ、筋力低下、お尻や太股が痛む、尿漏れするなど

 

病気

  腰痛症、変形性腰椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、骨粗しょう症、腰椎分離症・すべり症、側弯症など

 

当院の治療方針

診察

  診察室へ入る時の姿勢・歩き方・座り方・表情を見ることからすでに診察は始まっています。普段何気ない動作に問題点が潜んでいる場合があるからです。

  腰・背中だけでなくすべての症状で言えることですが、いつから、どこに、どんな症状(痛み・しびれ・こわばりなど)があるのかをじっくり詳しくお聞きします。一見全く関係なさそうな生活習慣や仕事・趣味なども症状と関係が深かったり、内科的な病気や以前のケガの情報が役立つことがありますので、できるだけ詳しくお伝えください。訴えられる症状に沿って関節の動き・変形・痛み・腫れなどを確認し、筋力や反射、症状の表われ方などを診ます。

  診察の裏づけをとるために画像検査を行います。レントゲン検査では骨の変形・骨折の有無を確認し、治療方針を決定します。神経の症状が強い時や軟部組織などを詳しく調べる時などは、紹介する医療機関でMRIという検査を追加する場合があります。骨粗しょう症が原因とみられる腰痛の場合、骨密度の測定や採血が必要な時もあります。

治療

  一般的な治療としては痛みをとる対症療法となり、内服薬・貼り薬などの処方や、痛みが強い場合は神経ブロックなどの注射を行う場合もあります。場合によっては、生活習慣の改善や運動のアドバイスによって症状が軽減することもあるので、対話で得られた情報も含め、患者様一人ひとりにあった最適な治療を一緒に考えていく必要があります。しかしながら、対症療法を行っても効果がなく、痛みやマヒが著しい場合、手術が必要になることがあります。

  コルセットの処方や牽引・低周波・マッサージなどのリハビリも有用で、必要に応じて理学療法士による徒手療法や運動指導などによって痛み・可動域制限を改善していきます。

  症状が改善しても油断せず、規則正しい生活と適度な運動を心がけ、定期的な通院をおすすめします。