ホーム > ひざ・足の症状(痛み・しびれ・違和感などがある方)

ひざ・足の症状

以下のような症状・病気にお悩みの方はご相談ください

症状

hiza.jpg  ひざ・足首の痛みや腫れ、太もも~足のしびれ・麻痺、足がつるなど

 

病気

  変形性関節症、膝・足の靱帯損傷、膝半月板損傷、アキレス腱周囲炎、偏平足、外反母趾など

 

当院の治療方針

変形性膝関節症

  腰痛と並んで多いのが膝の痛みです。中高年で最も多い膝の痛みは変形性膝関節症といわれ、加齢により膝の軟骨がすり減って関節内に炎症を起こし、立つ・座る・歩くなどの日常動作に制限をきたし、関節内に水腫(水がたまる)を起こします。一般的に男性より女性に多く、床中心の生活習慣や肥満・O脚などが要因とされています。

  治療は、(1)薬物療法、(2)ヒアルロン酸などの関節注射、(3)物理療法・リハビリ、(4)装具療法、(5)手術があり、状態に応じて選択していきます。

  ヒアルロン酸はもともと体内に含まれている成分で、優れた保水力、高い粘性と弾性が特徴です。関節液にも多く含まれ、これが加齢とともにどんどん減少していくことで、関節の動きが悪くなり変形性関節症などの関節炎が起こってきます。このヒアルロン酸を関節内に注射することによって、減少したヒアルロン酸を直接補い、さらに関節でのヒアルロン酸の産生能を高め、痛みや炎症を抑えることができます。

  また、理学療法士の指導の下、ストレッチや筋力トレーニングなどを組みあわせることによって、関節の動きを良くし、筋力の維持・向上に努めることも大切です。長時間の歩行・正座・階段の昇降など、関節に負担を与える動作はできるだけ控え、TVで放送するような無理なエクササイズなどを自己判断で行うことは避けましょう。症状は人それぞれですから、その方の症状に適した運動を個別に行う必要があります。また、装具外来により足底版や矯正靴、支柱入りサポーターなどの装具を作成し、関節を保護して負担を軽減することも大切です。

  以上のような治療でも効果がない場合、痛みや年齢・既往歴など総合的に判断して、手術が適応となる場合があります。手術には、関節鏡、骨きり術、人工関節置換術などあり、当院より提携医療機関へのご紹介をさせていただきます。

靱帯損傷、半月板損傷、アキレス腱周囲炎

  靱帯や半月板の損傷、アキレス腱周囲炎などは、関節や靭帯に負担がかかるスポーツで受傷することが多いですが、特に近年、年齢にかかわらずいろいろなスポーツを楽しむ方が増えており、それに伴いスポーツによるケガや障害も増えてきています。当院では、各種目へ早期復帰するための治療と理学療法士による運動療法、コンディショニングの指導やテーピング指導などを行います。また、高齢の方や元来腰痛・膝痛などを有している方への適切な運動の指導と注意事項のアドバイスなどを行っています。

偏平足・外反母趾

  足の裏には土ふまずがありますが、これがなくなった状態がいわゆる偏平足です。これは遺伝的な要因や足部の外傷、筋力の低下など原因は様々です。無症状であればそれほど問題ありませんが、歩く・走るなどで痛みがある場合治療対象となり、足指の筋力トレーニングやインソール(中敷き)等による装具療法を実施します。

  外反母趾はその名の通り足の親指が外(小指側)に向かって「くの字」になった状態です。10対1の割合で女性に多く、ハイヒールやタイツによる足の締め付けが原因と言われており、症状は母趾の痛みや母趾の爪が第2趾に当たることによる痛みがあります。また、関節リウマチの合併症でも起こる場合があります。

  治療としては、まずヒールのない先の広い靴に変えることと、インソールや趾の間に入れる装具(トースプレッター)を処方します。また当院ではテーピングによる固定やその指導を行っており、リハビリでは足先の筋力トレーニングやストレッチを行い、温熱や低周波などで痛みを和らげる治療を行っております。基本的には、痛みの緩和と進行の予防が主となり、よほど重度の場合手術が選択されます。