ホーム > ひじ・腕・手の症状(痛み・しびれ・違和感などがある方)

ひじ・腕・手の症状

以下のような症状・病気にお悩みの方はご相談ください

症状

hiji.jpg  腕の痛みやしびれ、肘の痛み、肘の引っかかり、手首・指の腫れや痛みなど

 

病気

  腱鞘炎、テニス肘、野球肘、ヘバーデン結節、ばね指(弾発指)、肘部管症候群(尺骨神経麻痺)、手根管症候群(正中神経麻痺)、肘内障、関節リウマチなど

 

当院の治療方針

腱鞘炎、テニス肘、野球肘、ヘバーデン結節、ばね指

  これらの症状のほとんどが、使い過ぎなどによって局所にストレスが加わることで起こります。もっとも多い腱鞘炎は、ピアニストや小説家、キーボードをよく使う人の様に手指を頻繁に使うことで、腱の通るトンネル(腱鞘)が炎症を起こすことをいい、動かすと痛みを伴います。ヘバーデン結節は指の第1関節の変形と痛み、ばね指は指を伸ばす時に「カクッ」と急に伸びるような症状をいい、どちらも使い過ぎが大きな原因です。腱鞘炎やばね指は、時に妊婦や授乳中、更年期を迎えた女性にもみられます。また糖尿病などの病気に合併することもあります。

  テニス肘・野球肘はスポーツの盛んな若い世代に多く、過度な練習や悪いフォームを繰り返すことで肘周辺の筋肉や、靭帯・腱・軟骨などを損傷して炎症を起こします。

  これらの使い過ぎなどによる症状には、まず投薬や物理療法を組み合わせ、できるだけ安静にして炎症を抑えることが必要です。そして、個々に合った正しい手の使い方や正しいフォームを獲得しなければなりません。いずれもクセになると治癒が困難になるので、早めの受診をおすすめします。

手根管症候群

  中年以降の女性に多く、親指から薬指のしびれや手に力が入りにくいなどの症状がみられます。原因としては、さまざまな理由により、手のひらにあるトンネル(手根管)の中で、指を曲げる腱と正中神経が窮屈になり、圧迫されることで麻痺を起こします。そのため、検査にて手首を手のひら側へ大きく曲げると、さらに圧迫されてしびれが増強します。

  治療としては、なるべく手首を動かさないよう安静にし、必要に応じて固定する装具を処方します。また消炎鎮痛剤によって炎症による痛みを抑え、ビタミンB12製剤によって神経の働きを高めます。痛みが強い場合、ステロイド注射やブロック注射などを行う場合もありますが、あまり繰り返し行えません。これら保存療法によっても症状の改善がない場合手術が選択され、その際当院では手の手術専門の提携医療機関へのご紹介をさせていただきます。

肘部管症候群

  長時間の重労働や野球のピッチャーなど肘を酷使する人に多いのが特徴で、肘の内側の肘部管を通る尺骨神経がこすれたり圧迫されたりすることで、肘の内側の痛みや薬指・小指のしびれを起こす状態をいいます。進行すると手の甲の筋肉がやせ、指が完全に伸ばせなくなります。

  初期は安静や薬物療法によって炎症を抑える治療をしますが、改善しない場合はなるべく早く提携医療機関にて手術を行うのがよいでしょう。

肘内障

  2~4歳の幼児が大人に手を引っぱられた時、肘が脱臼しかかって、急に泣きだし腕を下ろして動かさなくなることがあります。これが肘内障です。この場合お話を伺って検査・整復するとすぐ動かせるようになりますが、小学生位になるまで再発しやすいので、腕を捻り過ぎないよう・引っぱらないように気をつけて頂く事が大切です。

関節リウマチ

  朝、両手がこわばって握れないなどの症状があり1時間以上続く場合、関節リウマチの可能性があります。これが進行すると、関節痛などの炎症に加え倦怠感(だるさ)や食欲減退・微熱など、全身に症状が現れます。さらに長期化すると、関節リウマチ特有の関節変形がおこり、日常生活が制限されていきます。関節炎は対称的で、手指のほかに肘・肩・足・膝などの全身の関節にも起こり得ます。

  血液検査にて、その多くがリウマチ因子陽性となり、赤沈亢進、CRP陽性、貧血、白血球増加などがみられます。

  治療としては、活動量の調節や生活指導、そして関節リウマチを理解することから始まります。その上で「薬物療法」「理学療法」「手術療法」が選択されます。薬物療法では、抗炎症剤・抗リウマチ薬・ステロイド剤などが痛みや炎症を抑えるために使われます。

  関節リウマチになることで、中には悲観的になる方もおられますが、現在は治療法が大きく進歩し、「寛解(かんかい)」と呼ばれる治癒に近い状態まで改善することが可能になっています。いずれにせよ、早期発見・早期治療が大変重要で、気になることがあればすぐに受診しましょう。