ホーム > 施設・医療機器のご案内

施設のご案内

reception.jpg

受付

  皆様のご来院を、笑顔でお迎えいたします。

  少しでもご不安なことなどございましたら、どうぞ気兼ねなくご相談ください。

h2_line.gif

waiting.jpg

待合室

  暖色系の待合室は落ち着いた気持ちで過ごしていただけます。

  またミネラルウォーターをご用意していますのでご自由にお飲みいただけます。

h2_line.gif

examiningroom.jpg

診察室

  明るい雰囲気をつくるため、オレンジ色でまとめてみました。

h2_line.gif

reharoom1.jpg

リハビリスペース

  明るく開放的な空間です。 

reharoom2.jpg

h2_line.gif

restroom.jpg

トイレ

  段差がなく、足の不自由な方でも出入りし易いバリアフリータイプのトイレです。 

h2_line.gif

医療機器のご案内

roentgen.jpg

レントゲン室

  デジタルレントゲンを導入しており、診断までお待たせしません。

h2_line.gif

bone_density.jpg

骨密度測定装置

  DXA法による橈骨骨塩量測定は、骨粗鬆症の診断や治療の経過のほか、骨量変化の経過観察などが可能です。短時間の検査ですぐ結果がわかります。

h2_line.gif

waterbed.jpg

アクアタイザー QZ-220

  水本来の流体特性を『手技療法』に応用し、ウォーターベッドタイプならではの浮遊感に抱かれながら手技治療のような力強い・心地よい刺激を実現しました。

「さする」「こねる」「もむ」「おす」「たたく」の基本パターンに、「のばす」「なでる」を加えた7パターンを効率よく組み合わせることで、多彩な手技治療が可能となりました。

h2_line.gif

airmassage2.jpg

メドマー(エアマッサージ器)

   空気圧によるマッサージでリンパ液と静脈血の環流を促進し、足のむくみを軽減します。

airmassage1.jpg

h2_line.gif

traction2.jpg

能動型自動間欠牽引装置(腰椎)

   牽引療法は腰椎牽引(骨盤牽引)と頚椎牽引とがあり、腰椎牽引では腰臀部の筋をリラックスさせ、股関節と膝関節とを十分に屈曲させる前屈位姿勢での牽引を行えます。

  治療中は「自然の音」を素材にしたリラクゼーションサウンドが耳元のステレオシステムで流れます。  

h2_line.gif

traction1.jpg

能動型自動間欠牽引装置(頚椎)

   頸椎、腰椎牽引の作用としては椎間板の負担を軽減し、筋肉や靭帯にマッサージ様効果があり、その結果、神経に対しても負担が軽減され局所の循環を改善し筋肉のコリも軽減します。

h2_line.gif

electric.jpg

干渉電流型低周波治療器

  干渉低周波治療法は、不快感なく、治療部位に十分な刺激を加えることができ、肩こり、  腰痛や末梢神経麻痺などに高い治療効果が期待されます。 

h2_line.gif

beam.jpg

ハートビーマー

  温熱刺激(赤外線)を利用することで、局所の循環を改善し、痛みの軽減を図ります。

  また、照射温度がランダムに変化することで、効果的で心地よい温度を得ることができます。

h2_line.gif

shoulder.jpg

ショルダー・ストレッチャー

  肩関節の可動域拡大・維持に非常に効果大です。「四十肩」、「五十肩」予防の対策に役立ちます。

h2_line.gif

jetbath.jpg

噴流浴装置

  温水の泡と噴流で関節の動きを改善し、また痛みも軽減します。